成人治療例

症例1反対咬合(受け口)と叢生(前歯のガタガタ)の改善

30代女性

初診時

動的治療後

初診時年齢は34歳0ヶ月の女性。来院動機は受け口とガタガタを治したいと来院されました。

初診時、正面から見るとお顔は左右対称です。しかし、咬み合わせは反対咬合(受け口)の上、深く咬み込んでいるので、上顎前歯が正面から見えません。 前歯部のガタガタも目立っています。横顔を見ると上顎に対して下顎が前方に出ています。

治療後、反対咬合と歯並びは改善され、上顎前歯が見えるようになっています。横顔も上唇と下唇の関係が良くなっているのがわかります。 本来、歯ならび、咬み合わせを治すために治療を行いますが、顔つきも良い方向に改善されます。

初診時

上顎前歯のガタガタが顕著です。下顎の歯並びはそれほど悪くありませんが、歯列にカーブがついています(図1-7黄線参照)。 反対咬合の上、咬み合わせが深く上顎前歯が内側に倒れ込んでいます。左右の犬歯が外側に著しくはみ出しています。左側の小臼歯が1本足りない状況です。 歯肉が少し痩せ気味で歯の根が見え始めている歯もあります。歯を動かす際には注意が必要です。

初診開始時

咬み合わせが深く、最初から上顎前歯にブラケットが付けられないため、歯列の裏側に沿わせたリンガルアーチ装置のバネで上顎前歯を前方へ押し出しています。 また、はみ出た右側犬歯を後方へ引っ張っています。ガタガタが顕著なため、右側の小臼歯1本を抜いています。 左側はもともと小臼歯が1本足りないので抜歯は行っていません。犬歯は大切な歯なので普通、抜歯しません。

一方、下顎は前歯のガタガタは少ないですが、反対咬合改善のため歯列のカーブを平らにした上で前歯を後方へ下げなければならないので、両側の小臼歯を1本ずつ抜歯しています。 この後、下顎の歯の配列が進んで、上顎にブラケットが付けられるようになれば、上顎の残りの前歯と左側の歯にブラケットをつけて上顎の配列を本格化させます。

動的治療終了時

下顎の歯列のカーブが平らになり、深かった咬み合わせが適正になっています。、ガタガタが改善され、きれいな歯並びが実現しています。 下顎の前歯を後退させたので、反対咬合が改善されています。 歯を移動させると痩せ気味だった歯肉がさらに痩せてしまう懸念がありましたが良好な歯肉が維持されています。

矯正治療前、もとのガタガタや反対咬合の歯並びに合わせて修復されていた歯は希望があれば、 矯正終了後、きれいに整った歯並びに合わせて作り替えます。特にこの患者さんの場合、前歯の虫歯の治療痕や上顎右側の前歯を作り直すと見た目もっと美しくなります。

症例2上顎前突(出っ歯)を矯正用インプラントを使って改善した症例

20代女性
治療前
治療前

初診時、20代の女性。来院動機は出っ歯と上顎前歯のガタガタを治したいと来院されました。

初診時、正面から見るとお顔は左右対称です。しかし、上顎前歯3本が特に前方に突出しており、口唇も閉じづらそうです。 横顔を見ると上顎部分に対して下顎が後方に下がっている上、小さい印象を受けます。最近、下顎が小さい方が増えている傾向を感じています。 治療後、ガタガタと前歯の突出を治して、きれいにそろった前歯が見えるようになっています。 横顔においても上唇と下唇の関係が良くなっているのがわかります。本来、歯ならび、咬み合わせを治すために治療を行いますが、顔つきも良い方向に改善されます。

初診時

上顎前歯にガタガタがあります。下顎の歯並びはそれほど悪くありません。 上顎前歯3本の前方への突出が目立ちますが、実は下顎の歯も前方へ出ています。 土台の骨(歯槽骨)が小さいので、歯が並ぶために上下顎ともにはみ出し気味に並んでいます。(図1−8参照) 側方から奥歯にかけても前後的なずれが認められ、典型的な上顎前突(出っ歯)の咬み合わせです。

前歯後退開始時

治療開始後10ヶ月経過したところです。 前歯のガタガタ解消と突出している上顎前歯を後退させるため、上顎は左右小臼歯を1本ずつ、下顎は右側小臼歯を1本抜歯しています。 この時点でガタガタは解消され、前歯の後退を始めるところです。

特に上顎ではせっかく抜歯して得られたスペースをできるだけ前歯の後退に使いたいので、 後方の歯茎に埋め込んだ矯正用インプラント(固定源)からゴムで前歯を後方へ引っ張っています。 (従来の方法で前歯後退のため、直接奥歯から前歯を引っ張ると、ゴムの力で奥歯が前へ寄ってきてしまい、前歯の後退量が思うほど得られないことがあります。)

動的治療終了時

上顎前歯のガタガタと突出感が解消されて、きれいな歯並びと咬み合わせが実現しています。 奥歯の前後的なずれも改善されており、良好な咬み合わせです。必要のなくなった矯正用インプラントは麻酔なしで簡単に除去できます。 この日除去したばかりで痕が見えますが、数日できれいに治ります。

お問合わせはこちら

*ページトップに戻る

診療内容

ABOUT
医院紹介
SYSTEM
治療の流れ
顎関節が大切?
矯正治療の診断ポイント
ORTHO
小児の矯正(6歳~12歳)
いつ矯正を始めるか?
注意したいクセ
中高生の矯正(12歳~18歳)
CASE
症例①
FAQ