矯正を始める時期

基本的に矯正治療は何歳からでも始めることができます。

*

口の中の状態は人それぞれ違うので一般的に何歳からという決まりはありません。気になった時に気軽に矯正歯科に相談にお越し下さい。

 

ただし歯並びや咬み合わせは顎の大きさ、上下顎の前後的な位置関係(出っ歯の傾向や受け口の傾向など)に大きな影響を受けます。一般的に上顎骨は小学生高学年くらいまでに下顎骨は思春期の一番身長の伸びる時期までに成長が終了し、その大きさ、位置関係が決まります。

 

ですので、小児の場合は理想を言うと

 

  1. 上下顎の前歯それぞれ4本ずつ計8本が萌えかわる6~8歳くらいの時期

    前歯の状態、顔つきから将来の上下顎の位置関係が大まかに予想できる時期

  2. 顎が成長段階にあり、前歯と大臼歯の間の側方歯が萌えかわる10~11歳くらいの時期

    歯の配列と上下顎の前後的位置を整える治療を行う時期

のどちらかのタイミングで一度、矯正専門医に診てもらうと間違いがないと言えるでしょう。不正咬合の中には早期に治療を始めた方が良いものとしばらく様子を見た上で始めた方がよいものがあります。適切な時期に矯正治療を始めれば比較的短期間に治療効果を得ることができます。

 

小児では乳歯列期から永久歯の生えかわり時期に上下顎骨の成長を利用して前後的なバランスを整えたり、歯列の幅を拡大したりすることができます。また、同時に口腔の発育や咬み合わせに悪い影響を及ぼす習癖(指しゃぶりや舌癖)の改善を行います。その後、永久歯が生えそろってから本格矯正として整った上下顎の骨の上にマルチブラケット装置で歯を配列する治療が行われます。

「早く矯正をスタートすれば歯を抜かずにすむ?」

患者さんからこのような質問をよく受けしますが、現在広く使用されているマルチブラケット装置なら歯を抜かずに並べるだけなら多くの患者さんで可能です。しかし、それで良いのでしょうか?

小児の時期から矯正で顎の発育を促し、顎の幅を拡大するなどして歯の凸凹を最小限に抑えていれば非抜歯の可能性は大きくなりますが、発育量や拡大量が十分得られるとは限りません。その場合、あるいは成長期が終了した中高生や成人ではどうしても抜歯を選択する場合もあります。無理に非抜歯で行うと、土台の骨からはみ出して外側に広がって歯を並べることになり、口元が出た横顔になってしまったり、歯ぐきが下がったり、治療後も歯並びが安定せず、再び凸凹になったりすることがよく見られます。

当院では歯を抜くか抜かないかは凸凹の量やその人の横顔、特に口元、唇の形態などを総合的に判断して決めています。例え歯をきれいに並べても口元の印象が悪くなったり、歯並び、咬み合わせが安定しなくては矯正治療をやる意味がないからです。

 

成長期を過ぎた中、高校生また成人の方はすでに顎骨の成長は終了していますので、マルチブラケット装置による矯正治療を行います。残念ながら従来の矯正治療のみで顎骨の位置を整える治療は難しいので、骨格性の問題が大きな方は口腔外科と連携して外科手術を併用した矯正治療や近年では矯正用インプラントを併用して可能な限り良好な歯並び、咬み合わせを目指します。歯を動かすこと自体に年齢の制限はありませんが、年齢を重ねるごとに歯を失っていたり、歯周病があるなどの口腔内の要因だけでなく社会的要因(部活動、受験、就職、結婚、引っ越し)で矯正治療が難しくなることもありますので、なるべく早い時期に治療を始められることをお勧めします。

お問合わせはこちら

*ページトップに戻る

診療内容

ABOUT
医院紹介
SYSTEM
治療の流れ
顎関節が大切?
矯正治療の診断ポイント
ORTHO
小児の矯正(6歳~12歳)
いつ矯正を始めるか?
注意したいクセ
中高生の矯正(12歳~18歳)
CASE
症例①
FAQ