院長紹介

当院は顎関節とかみ合わせに着目した治療を行う矯正歯科専門医院です。

はじめまして、まさき矯正歯科院長の安東真毅(あんどう まさき)です。

 

私は自身が学生時代に矯正治療を経験し、そのすばらしさを実感し、生まれ育った淀川区で開業する事を夢見ておりました。

 

卒後は矯正専門歯科医として大学病院の矯正科、その後矯正専門医院で修練を重ねてきました。10数年に及ぶ矯正臨床経験の中で多くの症例を通じて、患者さんから学ばせていただいた多くの知識、技術を実践する場として当院を開設しました。

 

 

 

 

近年、皆さんの歯や口腔内への意識、知識の向上により、12歳児の平均虫歯数は1.3本、地域によっては1本を下回るところまで改善しています。また、「8020運動」の成果もあって80歳の4人に1人は自分の歯が20本以上残っているという結果がでており、「8020」達成者にかみ合わせの悪い人が少ないという興味深い結果もでています。

 

矯正治療のメリットとして美しい歯並びが得られると口腔内の清掃がしやすくなり、虫歯や歯周病の予防に有効であるだけでなく、バランスの良いかみ合わせでは特定の歯に強い力がかかるということがなくなり、歯やその歯を支える歯肉や骨を長持ちさせることにつながります。矯正治療によりエイジング(加齢)に耐えうる口腔内環境を整えることは皆さんのQOL(クオリティーオブライフ:生活の質)の向上の一助となることでしょう。

 

また皆さんのご要望にはできるかぎりお答えできるよう努めて参ります。

 

スタッフ一同、皆さんとお会いできる時を楽しみにしております。

 

日本矯正歯科学会

日本矯正歯科学会  認定医       
まさき矯正歯科  院長 安東真毅

≪日本矯正歯科学会認定医とは?≫

日本矯正歯科学会には認定医・専門医制度があります。 これは矯正歯科医療の水準を維持し向上を図ることによって一般市民の皆さんに 適切な医療を提供するために行われているものです。そのために学会は、矯正治療に 関して適切かつ充分な学識と経験を有するものを「日本矯正歯科学会の認定医・専門医」としています。 (日本矯正歯科学会HPより一部抜粋)

*ページトップに戻る

プロフィール

安東 真毅
日本矯正歯科学会認定医
歯学博士(北海道大学)
所属:淀川区歯科医師会
       日本矯正歯科学会
       北海道矯正歯科学会
略 歴
大阪府吹田市出身
大阪府立北野高等学校 卒業
北海道大学歯学部 卒業
北海道大学大学院歯学研究科博士課程 修了
平成11~18年 北海道大学歯学部歯科矯正学教室 に所属
平成18~24年4月 北海道北見市 みさき矯正歯科 副院長
平成21~23年 Roth Philosophy 2年間コース 修了
平成24年7月 大阪市淀川区に まさき矯正歯科開設

お問合わせはこちら

*ページトップに戻る

診療内容

ABOUT
医院紹介
SYSTEM
治療の流れ
顎関節が大切?
矯正治療の診断ポイント
ORTHO
小児の矯正(6歳~12歳)
いつ矯正を始めるか?
注意したいクセ
中高生の矯正(12歳~18歳)
CASE
症例①
FAQ